さわの平凡な日常

普通の主婦の普通の日々をなんとなく。

トイレトレーニングの必要性

次男はもうすぐ3歳、まだ完全にオムツです。

春から幼稚園だしそろそろねえー、とは思うのですがなかなか私のトイレトレーニングのスイッチが入りません。理由は二つ。

 

1  まだあんまりしっかりとした量のオシッコが出ない様子

2  長男の時にトイレトレーニングが逆効果だった

 

1について。声をかけると一応トイレに行ってオシッコをするというのは出来るのですが、ちょろっとしてその後すぐにオムツでもちょろっとする。とにかく一度にたくさんは出ない様な感じなんです。

まあ、身体の成長と共にいっぱい溜めていっぱい出せる様になるんじゃないのー。

という事で『時期尚早』と判断。

 

2について。長男の時は時間もあったし、興味もあったので色々とトイレトレーニングと言われるものに挑戦しました。

行きたいと思わせる誘い方はどんな感じか声の掛け方を研究してみたり、トイレを子供の大好きなトーマスだらけにしてみたり、ご褒美シールの様な物を取り入れてみたり、トレーニング系のオムツを取り入れてみたり等々。

そしてトイレでオシッコとウンチが出来てパンツを履いて過ごす事がどれ程カッコ良く快適で素晴らしい事であるかを力説!!

スタートから割と良い感じでトレーニングが進んでいったので「おっ、これは早々に完了出来るタイプか?」と自信を持始めた矢先、

 

『僕もうおトイレ行かない』

 

『え?』

 

そう、急にボイコットされたんです。それも決意はもう相当に固かった様で、その後半年程は全くトイレにすら行こうとしませんでした。こちらから声をかけるのも躊躇するほどに。

何か気に障りましたか?それとも楽しそうにおトイレ行ってたけど実はずっと嫌々付き合ってる感じだったとか?私自身にそこまで熱意が無かったのでそんなに熱心に取り組んでいたつもりじゃなかったけどストレスだったのかなぁー。

確かに、私トイレトレーニングに熱意は無かったけど、一体どのくらいの時間で次のオシッコが出るんだろう?と時間を計ってみたり…トレーニング用のオムツってすぐに漏れるから通常のオムツとどのくらい容量に差があるのか?とか完全に興味が勝ってしまって研究みたいになってたしなあ。そんな母が怖かったのかしら?

何にしても、長男本人もそんな事は忘れちゃったそうなので今も謎のままです。

結果的には半年程経ったある日突然

 

『おトイレでオシッコするわ』

 

と 急にトイレに行く様になり、あっという間にオムツが外れました。

 

 

こんなトレーニングしてこんなに早くオムツ取れたよー!

という武勇伝もよく聞きますが、ウチの長男は単純に本人のやる気だけだった様に思います。それとも神の啓示でもあったのか?

 

そんなこんなで全く次男のトイレトレーニングには着手する気になれず、というより前科があるので…早い話トレーニングってどうすれば良いのやら分からないのです。

 

でもね、小学生になってもオムツ取れてないんです〜なんて人いないしそんなに焦らなくても良いんじゃないかな〜と思って今日もオムツ替えをしています。