さわの平凡な日常

普通の主婦の普通の日々をなんとなく。

君の名は

主人の実家にはオスの芝犬が居ます。

その名も『ポチ』

主人の実家では昔から継続して犬を飼っているそうですが、私達夫婦が結婚した頃はたまたま犬の居ない時期だった様で

「やっぱり犬が欲しいね〜。」

と言う両親にプレゼントした思い入れのある芝犬です。まだ生まれて間もない子犬だったポチを両親に引き渡し、何という名前にするのか尋ねると


「犬やからポチ。」


即答でした。

何と安直な…( ̄▽ ̄;)

そう思った覚えがあります。


ポチと言えば犬。

犬と言えばポチ。なの?


そういえば学生時代のアメリカ人の英語の先生が、日本に来た始めの頃

"dog"は日本語で"ポチ"だと思っていたらしい。

しかし今の時代、ポチっていう犬…聞かないですよね。

もしかすると、今生まれた男の子に"太郎"と名付けるくらいにレアなある意味斬新な名前かもしれない。

主人の実家ではどうやら先代も、先先代の飼い犬も、ポチ、なんと歴代ずっとポチだとか。

さて、今のポチは一体第何代目ポチを襲名したのでしょう(。・ω・。)

とは言えそんな風に名前にあれこれ思っていたのも実は一瞬で、あっという間に私の中にも馴染んだ"ポチ"。今では子供達も実家へ帰れば必ず

「ポチに餌あげて来る!」

「ポチのお散歩行きたい!」

と、完全に愛しちゃっています。まぁ、子供達よりも少しポチの方がパイセンなので、感覚としては"ポチ兄さん"ですね。


さて、昨日の事。ちょっとした話題から主人の子供の頃のアルバムを見る事になりました。

可愛いねぇ〜

古いね〜

可愛いねぇ〜

ど田舎だね〜

あーだこーだ言って見ていると、一枚の家族写真を発見しました。実家の庭でセルフタイマーで撮ったと見られる家族写真。下に記載がありました。

父〇〇歳、母〇〇歳、長男〇〇歳etc

最後に、


"ダックスフンド  ♂  マーキュリー"


ん(´⊙ω⊙`)

マ、マーキュリー?!?!


何で犬だけ年齢じゃなくて性別?

それも気になりましたが…

マーキュリーって!!


全然歴代ポチとちゃうやーーん( ̄▽ ̄;)


今より数十年前にはお洒落な名前がついている。ダックスフンドにポチって言うのも何だか違う気はするけど、あの家の犬と言えばポチだと思っていただけに違和感が半端なかったです。マーキュリーが、或いは個別の名前がいつ、何故、ポチに変わったんだろうか?
どーでも良いけど気になりますΣ(-᷅_-᷄๑)