さわの平凡な日常

普通の主婦の普通の日々をなんとなく。

続・VS白髪

白髪。

中年期になると気になる物の一つ。何気なく過ぎ行く日々と同じくして着々と白髪化していきますね。ものすごく個人差はありますが…

悩みますよね。それで又白髪が増えているんじゃないかしら(−_−;)

私はというと美容師さんからもまだ白髪染は要らないと言われているレベルなのでそれほど多くは無いんだと思います。でも少ないって訳でも無いので白髪染していない分白髪はそれなりに白いままです。

だから余計に気になる!

以前にも白髪について書いた事がありますが、私は髪色を明るく染めてハイライトを入れるという手法で白髪を誤魔化しています。普段は誤魔化しているので放置なのですが、暇な時とかちょっとしたタイミングでじっくり見ると…見える。

見えます!

白髪は白髪として見えるのです!!

そして白髪って発見すると見逃せないんですよね。


切ってやるーーーー!!ψ(`∇´)ψ


と、勢いよくハサミを取りに行って鏡の前に立ち、髪の毛をパカッと分けて白髪を見つけた部分をむき出しにしてクリップで留める。周りの髪の毛を押さえて標的の白髪を一本絞り込む。絞り込んだ白髪を左手で持って右手でハサミを掴み、慎重に慎重に根元をカットする。

このたった一本の白髪をカットするのに全神経を集中させているので、同じ領域にある他の白髪や違う分け目を調べて出て来る複数の白髪と戦っていると上の方ばっかり見すぎて目玉が裏返ってしまうんじゃないかと思うくらいに目の奥の神経が疲労します。おばちゃんはコレも一つの眼精疲労だと思うよ。しかも上の方ばっかり見すぎて上げに上げた目と眉毛の影響でおでこに刻まれたシワの深さがマイナス5歳は堅いくらいに大変な事になっています。白髪が無くなった事よりもおでこのシワが増えた事で余計に老け込んだ気がする。

これが、正面から対応出来る範囲の白髪ならまだ良いのです。問題は後頭部や頭頂部の白髪。おでこにシワを刻み、目玉が裏返えりそうになりながら見たとしても無理なものは無理。もう一枚鏡を持って来て合わせ鏡で見るしか無い。でもね、髪の毛を押さえて左手で白髪を確保して右手でハサミを持つでしょう?

もうあと一枚鏡を持つ分の手が足りません(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

嗚呼、何故に人間には手が二本一組しか備わっていないんだろう…。こうなったら片方だけでも手鏡を持って顔の位置まで持ち上げられるくらいに足を鍛えるしか無いのかなぁ。

何にせよ今そんな特殊能力は無いので合わせ鏡で白髪を確保したら一度手鏡を置き、ハサミに持ち替えてカットするしかありません。そうすると、何故か3本くらいまとめて切っていたり、完璧に白髪を掴んでいたはずなのに切り取ってみると何故か黒い髪の毛だったりします。イリュージョン(´⊙ω⊙`)!?そうなると一からやり直しだし、切る必要の無い髪の毛を切ってしまったイライラ…


きっとこのイライラで又白髪が増えてます(´༎ຶོρ༎ຶོ`)


切ったら切ったで少し白髪が伸びて来た時にピーンと立つから切らない方が良い事は分かっています。分かっているはずなのについうっかりカット魂を燃やしてしまう。しかも必死で白髪と格闘していると「はっ」と我に返った瞬間に結構な時間を割いていた事に気づいて凹みます。何気なくスマホを見て恐ろしく時間が過ぎていた時と同じくらいに後悔する。

何より、お金をかけてヘアカラー&ハイライトを入れているのは何の為かと虚しくもなります。


でも気になる。こうなると

「前を向きながらフリーハンドで後頭部をチェックできる様な鏡を開発するしか無いなー」

と、結構前から思っています。自宅で毛染めする人とか凝ったヘアセットをする人とか色々なところで需要はありそうじゃ無いですか?発明すれば売れるんじゃないかしら?!しかしながら、全く開発に着手出来ていません。こういうイメージをちゃんと形に出来る人が"主婦のアイデア商品"を発明するんでしょうね。

イデアしか無いただの主婦なのが悲しいです。

更に言えば、もう既にそんな鏡はあるけど私が知らないだけなのかもしれない…。

だとすれば重ねて悲しいなぁ(。-∀-)

幸せに過ごす為の必要経費

食器が好きです。

何故こんなに心ときめくんだろう。

突き詰めれば食器なんて、お茶碗、汁椀、平皿、取り皿、どんぶり鉢、この辺りのアイテムが家族分あれば特に困る事無くやっていけそうな気がします。あとはグラスとマグカップがあれば十分かしら?いや、マグカップがあればグラスの仕事はカバー出来ると考えればグラスさえも要らないのかもしれない。お皿類だって「もっと減らせるよ!」っていうミニマリストの方がいらっしゃるんでしょうね。

これなら、この量なら、キッチンもスッキリして気持ちが良いんだろうなぁ〜( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

とは思うのですが…


ついつい心惹かれて食器を買ってしまいます(´-ω-`)

流行りの北欧系の食器、旅先で見た焼き物工房の食器、お洒落な雑貨屋さんで見かけた何だかお洒落な食器、ご飯屋さんで使われていた素敵な器たち、挙げればキリがないくらいに日々心がときめくのです。

何故か?

お洒落に見えるから!

美味しそうに見えるから!

まぁそんなトコかなぁ…(´・∀・`)

我ながら理由がなかなか薄っぺらい。文字にすると尚更薄っぺらいのが恥ずかしいです(。-_-。)

食器というのはごく稀に割れたり欠けたりする事はあるものの、毎日使うからと言ってすり減る訳でも無いし色落ちする事も無い。ナイフとフォークで食事をするなら傷もいくってものですが、ここはお箸の国、お箸じゃあ流石に傷も付かない。正直、食器というのは簡単に消耗しない。高級食器にヴィンテージが存在するというくらいだから100年だって大丈夫!ってこと。急に"イナバ物置"っぽいけど…とにかく、丁寧に扱えばうんと長持ちするのです。だから、買えば買った分はきちんと増える。そこに存在し続ける。故に買う程に片付ける場所が足りなくなります。今やアメリカのセレブの一員となった片付けアドバイザー"こんまりさん"に聞きたい。

「どうすれば良いのでしょう?片付かないけど全てときめくんです(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)!」


でもね、これだけは言えるのです。食器が素敵だと料理のモチベーションは上がる!!例えいつもと同じ料理でも器が素敵だと

「あ!美味しそう♡」

って思うし、もう一手間かける気分にもなる。

「ここ、最後にネギと胡麻を乗せた方が素敵やん!」

そう思って加える薬味や彩りのもう一手間。面倒だけどこの下処理をした方が柔らかく仕上がるのよねー♪とか、この下処理は飛ばしてもいけるけどちゃんとした方が臭みが消えるのよね〜♪という下処理の一手間。料理のモチベーションが上がると、これらの一手間を俄然やる気にさせてくれる。そして実際その一手間が加わった方が美味しくなるという事は多いものです。ちょっと一手間、無かったとしてもまぁ大丈夫な一手間。でもあった方が美味しいとすれば、美味しいと感じる事で幸福感を得られるのであれば、それは素敵な食器の効果なのではないのかしら?!その上、料理が見た目もお味も良い感じに仕上がると達成感を感じてとても気分が良い。私の気分が良いと家族にも優しくなれます。するとどうでしょう!家族も幸せに過ごせる╰(*´︶`*)╯♡嗚呼なんと素晴らしいコト╰(*´︶`*)╯♡


長々と書きましたが、そんな訳で


     食器代は家族が幸せに過ごす為の必要経費だよね!


と、思っております。まぁ、ただ単に「浪費に対する言い訳を考えた」というだけの話ですが…。

でもほら、

f:id:sawajr:20200203150851j:plain

なんとまぁ可愛い鬼とお福さん♡

こんな食器があるから節分に巻き寿司を作ろうという気になるってものなのです╰(*´︶`*)╯♡

しかし1年に節分の今日たったの1日しか登場しない食器って…

ねぇ( ̄▽ ̄;)


甘えん坊万歳!!

ウチの次男(4歳)は、かなりの甘えん坊です。末っ子特有の甘えん坊♡きっと生まれた時から兄や姉というライバルが既に存在するという環境にいると、人の愛情を自分の方に向ける為にはどうすれば良いのか!?末っ子というのは本能的に模索し、身につけていくのでしょう。統計も何もとっていませんがそう思えてなりません。常々、世の末っ子というのは甘え上手な甘えん坊だな〜と思うのです。


さて、そんな甘えん坊次男は時に

「僕はネコだよ♡」

「僕はパンダだよ♡」

「僕はイヌだよ♡」

「僕はおにぎりだよ♡」

と、生き物から食べ物まで幅広いジャンルになりきり、

ニャーー♡ニャーー♡

ミューー♡ミューー♡

と、何やら鳴き声を発して甘えて来ます。パンダもおにぎりも「ニャーー♡」って言う。

なんだかなぁ( ̄(工) ̄)

こちらも調子が良ければ

「ネコちゃーん♡どうしたぁ〜ん♡」

と、猫なで声でかまってみたりします。ペットを飼っているみたいでコレはコレで楽しい。楽しいのですが、


「おい…コイツはこんなんで大丈夫なんか…ಠ_ಠ」


という不安そうな眼差しでこちらを見つめる人が居ます。そうです、ウチの主人。

「こんなヤツおらんぞ…。」

「将来どうなるんや…。」

マジで心配しています。いや、もはや軽蔑しております。

私「大丈夫よ!案外、大人になったらクールな男になると思うわ〜。」

夫「ほんまかー?それやったら良いけど…」

私「あ、外ではね!」

夫「えっ?」

私「家に帰ったら彼女とか奥さんにニャーー♡ニャーー♡ゆーて甘えると思うよ(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎」

夫「            ( ̄O ̄;)       キモ…       」


ちょっと絶句しています。でも多分次男はそうなる。私には分かる!!何故ならば、

そんな男を見た事があるから!

いや、正直に言おう!

「昔そんな男と付き合った事があるからなのさ〜♪(´ε` )」

外では「デキる男」かの様に振る舞い、家ではニャーー♡ニャーー♡ゆーて甘える人。その時も調子の良い時はニャーー♡ニャーー♡言う大人の男をペット感覚で構って楽しかった。ただ残念ながら、人はいつも調子が良い訳じゃない。ホント残念ですね。結果として私は「ニャーー♡」って言わない男の人と結婚したのですが、結構色々聞きますよ、ニャーー♡とは言わなくても甘えん坊な旦那さんの話。

ママ友の旦那さん。いつもシュっとしたイケメンなのですが、寝る時は頭をヨシヨシして欲しがるそうです。

絶対に一人で買い物に行けない友人の旦那さんも居ます。自分で決められないし、更に店員さんに話をするのも一人では出来ないから「一緒に来てー♡」と言うそうです。

見た目はすっごいオラオラ系なんですけどね( ̄∀ ̄)

知り得る例を挙げ続ければ三部作くらいの長編になりそうなので割愛しますが、とにかく甘えん坊男子というのは案外多いと思うのです。そこの貴女もご存知ですよね?!ただ、コレって男性の知らない男性の性質なのかもしれません。だって男同士で居る時はそんな素振りは見せないだろうし、まさか男友達に「ニャーー♡」とは言わないでしょう?!彼女や奥さんというプライベートな部分というのは女性にしか見えない。間違っても「俺、彼女と一緒の時は『ニャーー♡ニャーー♡』言ってるねん♪」なんて男友達には話さないでしょう。だから甘えん坊男子の生態というのはそうじゃない男の人にはもはや知る由も無いかもしれません。そう、ウチの人の様に。

「次男は甘えん坊だけどそんな男の人は沢山居るし、ちょっと面倒くさいけど可愛いがって付き合ってくれる女性も居るからそんなに心配しなくても大丈夫よ!」

私としてはそんな気持ちで主人に上記の甘えん坊男子の生態を話したのですが、ウチの人は結構なおじさんになってから知った事実にまあまあ衝撃を受けた様です。


人生って勉強の連続ですね。


しかし甘えられるなら甘え上手な甘えん坊な方が楽に生きられるんじゃないかな〜?という気はします。そう、きっと

甘えん坊万歳!!

なのです╰(*´︶`*)╯♡

七五三の思い出

昨年、年の瀬も押し迫った12/21土曜日に次男(4歳)の七五三に行きました。


なぜそんな時期に(´⊙ω⊙`)?!



そう思われましたか?



ですよね。


他人から聞けば私だってそう思う。

七五三といえば11月の日取りの良い週末に行うもの。一般的に。

しかし昨年の11月の我が家は忙しかった。週末毎に何か用事があり、更に主人が久方ぶりのしつこい風邪をひき、何やかんやとバタバタしていると

「あ、七五三…」

ふと思い出すのですが、暫くすると忘れ

又何かしていると

「そうや!七五三!」

と思いながらも又忘れて…

「あー、もう、11月は無理だ。12月にするか。」

と、相成りました。


下の子ってつい雑になってしまうなぁ( ̄∀ ̄)


そんなこんなで12/21、ほぼ世間的にはクリスマス。12/23が祝日では無くなった2019年、家族でクリスマスをお祝いするには最適であろう週末に敢えて七五三に行って参りました。我が家から近い場所にある割と有名な神社。当然その日に七五三をしている家族など他に見当たらず、さっさと受付を済ませると巫女さんから一言。

「賞味期限の関係で"千歳飴"と"おこし"は入りませんのでご了承ください。」

と。

あ、はい…。

「うわぁー、次男が楽しみにしていた千歳飴が無いんかー(。-∀-)」

てかコレ、

「こんな時期に七五三に来る人が居ると思っておりません。」

て事よね。考えてみれば神社だって、時期をずらして七五三にやって来る人の為に一年中千歳飴をストックして待機するなんてロスの多い事しないよね。食品ロスの観点からも私とてそれは賛成出来ません。

仕方あるまい。次男よ、重ね重ねごめんよ。


さて、本題に入ります。

七五三という事で、当日私はここぞとばかりに着物を着ました。そして着物を着るという事で朝から近所の美容院にヘアセットをしに行きました。ばっちりヘアセットをしてもらい、母に着物の着付けをしてもらい、気分良く七五三へ行き、会食を済ませて帰宅しました。そして夜、ヘアセットを解きお風呂に入って頭を洗い出て来ました。


はぁ〜、ほっこり(●´ω`●)

クリスマス前とは言え七五三を無事に終えて、着物やヘアセットで気分上々ではあったものの、やっぱり全てを脱ぎ捨てて汚れと疲れをさっぱりと落とすとホッとします♪

リラックスモードで鼻歌交じりに髪の毛を乾かしていると、何やら感じる違和感。

んんΣ(-᷅_-᷄๑)??

何か髪の毛の手触りが変だぞ?!


んんっΣ(-᷅_-᷄๑)?


鏡を見る。


えっ?

ええっ?

えええーーーーー!!!


何コレーーーーーーーーー(´༎ຶོρ༎ຶོ`)!!


私今、肩を越えるくらいのセミロングヘアなのですが、頭頂部から軽く一束掬ったほどの毛束が勢いよくガッツリとチリチリになっているのです。頭頂部から10㎝程の位置から下が一束全てチリッチリ!!!!

まさか?と思いもう一度髪の毛を濡らしてから乾かしてみたけれど全然変わらない。

パリパリのチリチリ。まるでスチールウールみたい。

いや、違うな。


マジ!陰毛みたい(´༎ຶོρ༎ຶོ`)!!


こんな事を言いたくは無いけど、でもでも


頭から陰毛がごっそり生えている(´༎ຶོρ༎ຶོ`)!!!

しかもロン毛の陰毛。こんなん見た事ない!!

慌てて携帯を探してググると…出て来る出て来る

「ビビリ毛」

というワード。どうやらこの陰毛現象は思いっきりダメージを受けた髪の毛の状態らしく、多くはパーマを失敗すると起こる様子。パーマは当てていないけど、ヘアセットでコテを使って髪の毛をカールさせていたのは覚えています。とは言え今まで数えき切れない程の回数ヘアアイロンを使ってきたけれど、こんなのは初めてだわ。パーマ程のダメージだとは考えにくいけれど、恐らくコレはあの時のコテが原因だと思う。そして、一度こうなってしまった髪の毛は

"元には戻らない"

という事(´༎ຶོρ༎ຶོ`)ごくごく稀にビビリ毛を治す事の出来る美容院がある様ですが、それは個別に探さなければ分からないし、そんな美容院が自宅の近くで見つかる可能性は非常に低いはずです。そうです。

ほぼ、私の髪の毛は元に戻す事は出来ないのです!


仕方ない。切るかぁ( ̄^ ̄)


もう、コレしかない。幸いにも私は髪型をよく変えるので、髪の毛を切る事にあまり抵抗はありません。強いて抵抗と言うならこの時期に短くカットするのは寒いであろう事。しかし頭頂部から10㎝というと結構なショートカットになる模様。ヘアセットをしてもらった美容院に行って文句の一つでも言ってカットしてもらう事も出来るけど、初対面の、しかもヘアセットのコテでビビリ毛を作ってしまう様な技術の美容師さんにショートカットをお任せする気にはなれない(−_−;)出来れば信頼の出来る美容師さんに切ってもらいたいものです。ただ、最近通っている美容院が街中で少し遠いので、急に思い立ってそこまで行くほどの時間がどうしても取れない。近所で以前お世話になっていた美容師さんに連絡をしてみたものの、12月の末の週末とあって予約で一杯の様子。美容師さんも忙しければ、私も忙しい。だってクリスマスだもの!師走だもの!もはや年の瀬だもの!!


嗚呼どうしたものか(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)


このまま頭に陰毛を携えて新年を迎えるのか…。


ブルーになりながらもどうしようも無いので、髪の毛を束ねて帽子を被って陰毛を隠し、翌日の予定をこなしました。陰毛を隠す帽子。役割はほぼパンツ。「何とかパンツで乗り切れるか?」と思っていると、その夜から何やら喉に違和感を感じ始め…瞬く間に声が擦れ、身体がダルくなり、

あっという間にばっちり風邪をひきました(−_−;)

身体がダルくて喉が痛いし、とてもとても美容院に行ってヘアカットなんて出来る様な体調では無くなってしまいました。こうなると凄いもので、身体がしんど過ぎてあんなに悩んでいた頭の陰毛の事が気にならなくなって来たのです。


そして結局、頭頂部に一束の陰毛を携えたまま新年を迎える事となりました(。・ω・。)


そして新年を迎えた今、風邪も随分と落ち着いて来たせいか陰毛の事が気になって仕方ありません。

健康であればこそ見た目に気をつかえるという事なんだな(´・∀・`)♡


健康であればこそ陰毛が気になるという事なんだなぁー╰(*´︶`*)╯♡


美容院はお正月休みだし、子供達は冬休みだし、道筋が見えない不安な状況には変わりありませんが、暫くはパンツで、いや、帽子で陰毛を隠しながら乗り切りたいと思います。

印象深い七五三の思い出が出来ました。



公民館イルミネーション

毎年12月になると我が町の公民館にちょっとしたイルミネーションが点灯します。公民館の正面の壁が電飾でツリーの様な形に飾られるだけの本当ーーーにちょっとしたイルミネーション。片田舎の町の公民館ですからね、まぁそんなものです。

でもね…

コレが綺麗なんです。

片田舎の町だから公民館と言えど周りは街灯の灯りが少しあるだけ。車でも通らない限り基本的にかなり暗い。


だから、だから、


イルミネーションが綺麗なのよ(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)!!


暗い中に光が浮かび上がる様が幻想的。片田舎だから、いつもの景色を知っているから…尚更幻想的。そりゃあ、

・ライトの色のセンスがなぁ…

・もう少し形が…

・規模が…

そこは片田舎の公民館クオリティのイルミネーション。言いたい事は色々あります。でもね、寒くて日暮れの早い冬の夕方、帰ったらアレしてコレしてそれからアレもして…と慌しい夕方、せかせかと車を運転している時にふと目に入って来る公民館のイルミネーション☆

何とも心温まるのです╰(*´︶`*)╯♡


ライトの色なんて関係ない!


センスだ?何だ?


関係ない!!


あろうハズが無い!!!


はぁ〜

キレイやんかいさーーー╰(*´︶`*)╯♡


と、寒さと忙しさでささくれ立った心がほんの一瞬でもつるんと丸くなった様に温まるのです。

気持ちはゆで卵だな〜。


こんな事を言っている私に夫が声を掛けて来ました。


「さわってさ、夜景とかイルミネーション嫌いじゃなかった?」


えっ( ˙-˙ )


んーー、

あーー、

嫌いって言うとちょっと違うんやけど…



確かに私、

夜景とかイルミネーションの類いが苦手だったんですよね、


花の独身時代。


苦手と言っても全てが苦手という訳では無いんですよ。むしろ、元々夜景やイルミネーション自体は好きなんです。夜景やイルミネーションに限らず、月や星、ほたる、花火、暗闇に浮かぶ光の類いはほぼ全て好きです。ただね…


デートで夜景やイルミネーションを見に行くのが苦手(。-_-。)

特に知り合って間も無い異性と見に行く夜景やイルミネーションはどうにもこうにも気が進まなかったのです。

あの何とも言えないロマンチックな雰囲気、酔いしれる事が出来れば何と素晴らしい事か!とは思うのですが、どうもいかん。いかんのです。ただ単純に夜景を見て愛でるだけでは無く、その向こう側にある何ともエロい感じにモヤモヤしてしまう。むしろエロさが夜景を超えているんじゃないか?とすら思う。もしやエロいと思っている私がエロいだけなのか?いやいや、違うだろう!とにかく、あの雰囲気にただ酔いしれる事が出来ないのです。

故にデートで行くのは苦手(。-_-。)

幸か不幸かウチの人はそんなロマンチックの欠片も無い人なのでそんな心配には及ばなかったんですけどね。

とにかく、私はただ単純に、純粋に夜景やイルミネーションを見て感動したい!集中してその輝き煌めきだけに酔いしれたい!

そんな気持ちで見ればこそ、片田舎の町の公民館のイルミネーションでも心から感動出来るというモノなのです。

私はそう信じています(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)



Sing a song♪

毎月、子供達の写真をハガキに印刷して、そこに子供達がメッセージを書いて、そして両方のお爺ちゃんお婆ちゃんの家に送る。こんな事をかれこれ3年程続けております。携帯電話を持っていない主人の両親に子供達の成長をお知らせ出来るかな〜と、何となく続けて気がつけば3年。誰かに要請される事も無く始めて、やらなきゃいけない!って事も無く気が向いた時にやる、言わばこのブログみたいな存在。いやぁ、何となくの力ってのは案外物事を続ける秘訣なのかもしれません。

"何となく"だから「あっ!忘れてた!」とか「今月は忙しいし〜」とか「今月は何も目新しい写真が無いなー」とか完全に私サイドの都合で突然休刊する事もあります。お爺ちゃんお婆ちゃんは送りつけられているだけだから別に気にして無いだろう…と思っていたのですが、休刊すると

「先月はハガキ来なかったね(;ω;)」

なんていう声が聞こえて来たりもするので、皆んなそれなりに楽しみにしてくれている様です。

基本的に孫からのお手紙という形なので、長男(6歳)が何とか字を書けるようになった頃に始めたのですが、

①子供が!

②ペンで!

③写真に!    字を書く。

これは想像以上に難しい。まだサイズが定まら無い子供の字。ペンだということを考慮しない子供の筆圧。その筆圧のペン先で家庭でプリントアウトした写真のハガキを容赦なく擦りながら字を書く。当然、写真に写る自分達の顔がそこにあろうと御構い無し。何が難しいって、子供が書く事もさる事ながら、そのメッセージを読むのがめちゃくちゃ難しい( ̄▽ ̄;)!

今でこそ長男は私の検閲が無くともちゃんと解読出来るレベルのメッセージが書ける様になりましたが、少し前までは

「コレは何て書いてあるんかなー?!」

と、主人の実家に遊びに行く度に両親と共に古文書の様なハガキを眺めてメッセージの答え合わせをしたものです。


さて先月のある日、そろそろ11月の写真をチョイスしようかな〜と、スマホのアルバムを眺めておりました。すると何やら真っ暗な画面に私の知らない58秒程の動画が保存されていました。

何だこりゃ?!

ポチッ ▶︎      (再生)


♪うんこ・おしっこ・おならバカ〜!

うんこ・おしっこバカーーーー♪

おしり・おしり・おしり♪1分もかかる〜♪

毎日何もしない〜♪

忙しくない〜♪

オー!ハッピー!

オーマイガーーー♪♪

オーマイガーーー♪♪    つづく…


真っ暗闇の画面の中で思い切りシャウトする長男の謎の歌声だけが延々58秒(。-_-。)


何これ?

何の脈絡もない!くっだらない( ̄ー ̄)!


てか、何を勝手に録画?録音?してくれてるん(-_-)こっちが「オーマイガー」や。

そしてこの動画が終わるともう一本出て来ました。ポチッ▶︎


♪ババア〜うんこババアだー♪

ババアのおしり〜♪

ババアのおしり〜くさい〜♪

おしりバカ〜♪おしりバカ〜♪

お・し・り〜のおまじない〜♪

おしりのおまじないーーーー♪

ハッピーおまじないー!オーマイガー♪

オーマイガー♪♪     つづく…


今度は何やら囁き声で歌っている。ボサノバ調(´⊙ω⊙`)?

クレモンティーヌ的な?!


違う違う!!これは違うな。きっと私に聞かれない様に『ババア』ソングを収録したかっただけだ。とりあえず、こんな感じで"言ってはイケナイ"と本人が自覚している言葉をてんこ盛りに吹き込んだ何とも賢そうな歌が曲調を変えて全4曲収録されていました。

ミニアルバムか٩( ᐛ )و


いや、感覚としては"王様の耳はロバの耳"に近いのか。


とにかく、とんでも無く下らない歌に呆れながらもだんだん

「もしや、これも一種の孫の成長か?!」

なんて思い始め…ハガキにプリントアウト出来るのが静止画だけなのが残念だとまで思う始末。冷静に思い返して今なら、

「ハガキに動画がプリントアウト出来なくて本当に良かった!!」

と、胸を張って言えます。


しかし、くっだらない歌( ̄ー ̄)

iPhoneのカメラだけ簡単に起動する機能もこりゃあ便利なだけじゃあないですね。

かわかんなぁ〜☆

以前から思っていた事ではあるのですが、最近寒くなって又強く思う事。


男の人の服って大きいなー(๑・̑◡・̑๑)

男の人の服って重いなーー(´-ω-`)


男の人の服って乾きにくいなぁー(´༎ຶོρ༎ຶོ`)!!オイ!!


これ。

寒くなって来ると洗濯物が乾きにくくなって来ますよね。子供たちの服は小さいので脇を開いて干せるしまだ乾きやすい。しかし大人の服は表面が乾いていても脇の部分を触ると


うわっ、湿気ってる(-_-)


ってなる。特にそれが男の人の服の場合


まだ濡れてるやん(; ̄ェ ̄)


てね。もはや脇に限って言えば生乾きでもなく、濡れている。洗濯物を取り込む時に服の脇を触る度に 

うわっ!

イラッΣ(-᷅_-᷄๑)


としてしまう。毎日、毎回そうなんだから今日も乾いてる訳が無い!なのに、分かっているはずなのに…毎回もれなくイラッとしてしまう。器の小ささか?ただの短気か?それとも更年期?何だか分からないけど毎回乾き切らない主人の服にイラッとしてしまいます。ぶわーっと完全に広げてVIPに干せれば良いんだろうけど生憎我が家にそんなスペースはありません。乾燥機にかければ良いのかもしれないけど、「服1〜2着の為に?!」と思うと無性に勿体無い気がしてしまう。嗚呼、悲しき貧乏性。

そもそも一番軽いであろうTシャツですら、洗濯機に放り込むタイミングでも男の人の服ってやたらと嵩張るし…洗い上がりを洗濯機から取り出す時は水分を含んでやたらと重い。

干すタイミングで既に心象が悪いのに更に乾きにくい。もう一度言いますが、一番軽いであろうTシャツですらの話。でもね、これはね、

仕方ない。

仕方が無いのよ。

だって男の人って身体が大きいんだもん。

その身体を包み込む為には沢山の布が必要なのよ。

そして布は重いのよ!

水に濡れると更に重いのよ!!


だから乾かないの♡


ええ、分かってます。分かっちゃあいるけどね…

何とかならんもんかね(ㆀ˘・з・˘)?と思ってしまうのです。

夏に車のディーラーさんでメンズのファッション誌を見ていた時に、


"Tシャツはヘビーオンスがカッコイイ!!"


なんて特集を発見!密かに殺意が芽生えました。

カッコイイか知らんけどそんなもん、夏でも乾かへんわー!

カッコ良くても生乾きになるよ!臭いよーー!!

カッコイイか知らんけど頼むから流行らさんといてー!!


さてさて、寒くなって来るとウチの主人はよくパーカーを着ます。それもしっかりした硬いスウェットの更に裏起毛のやつ。理由は無いけど何となくアメリカっぽいパーカー。

アレがマジで乾かない。

そんなパーカーを主人が先週末に着たので、月曜の朝に洗濯しました。当然即日中には乾かない。夕方にベランダから室内に移動させてタオル掛けにベローンと広げて放置しておりました。大体のモノはこれで翌朝には乾くんですよ。


でも翌日火曜日の朝、全然乾いていなかった(; ̄ェ ̄)

前のポケットが濡れている。

又ベランダへ干しました。前のポケットの部分を外へ出す感じで干す。夕方になり様子を見ると、


ポケットOK!!


よし!


っと思ったらフードの内側がまだ濡れている…。

ご丁寧に生地が二枚使われたフード。まさかの二重構造。あんた、ウソやろ(´⊙ω⊙`)?

パーカーに話しかけながら2日目の室内干し。まだヒーターを出していないのでとりあえず日が変わる頃までホットカーペットの上に広げて乾かしました。寝そべる人型がまるで殺人事件。そして寝る前に確認。フードの内側を恐る恐る触る。


まだ若干湿気てる…。


マジか(。-∀-)


シケた野郎だな(−_−;)


とりあえず軽く悪態を吐いて又タオル掛けにベローンと干して寝ました。

翌朝、水曜日の朝。

さすがに乾いていました!

一着のパーカーを洗って乾かすまで二泊三日!

もぉぉぉーーーー!ヤダ!!!


今週末、主人が又このパーカーを着ていたら…


後ろから飛び蹴りをお見舞いしてしまいそうです♡


そろそろヒーターを出そうかしら♪