さわの平凡な日常

普通の主婦の普通の日々をなんとなく。

全部コロナのせいだ!

コロナコロナで大変ですね。

一体この先どうなる事やら…。

とりあえず無駄な外出は控えようか。という事でお絵かき、工作、ねんど、トランプ、アクアビーズ、LEGO、マグフォーマー、テレビ、ゲーム、スカリーノとドミノと家にある色んな物を駆使してひたすらピタゴラ装置を作るetc…家の中で楽しめる事は沢山あります。でもね、家の中だけで遊んでいると子供達のパワーがフル充電されて来るんですよね。マンション住まいの我が家。家の中で走り回る訳にもいかず、かと言って鉄棒みたいな階下に響かない運動器具が置けるスペースなどあるはずも無く、じゃあ腹筋や腕立て伏せを黙々とやるか!?

無理でしょう(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

走っても騒いでも何処にも誰にも迷惑のかからない広い庭のある戸建の家に住んでいればなぁ〜♡

と、叶わぬ夢を見ながら

「走らなーい!!」

「暴れなーい!!」

「騒がなーい!!」

と、子供達を制止し続ける。子供達にも酷な話だけどワタシモツカレル( ̄∀ ̄)

外…出よう。

屋外の方が感染リスク低いって聞くしね。

軽い気持ちで近くの公園に行くと、皆んな同じ発想なんでしょうね。遊具も広場も、公園がめちゃくちゃ賑わっているではありませんか∑(゚Д゚)

「こんなん濃厚接触やん?!」

ってくらいに遊具は混んでいて、広場は投げ合うボール、蹴り合うボール、飛び交うバドミントンのシャトルで地面も空中も大混雑。そんな中で偶然出会った幼稚園のお友達数人と鬼ごっこを開始する息子達。飛び交うボールの中での鬼ごっこもスリリングだろうけど、ボール遊びの人達にも大迷惑ですよ( ̄▽ ̄;)これじゃあ休校の意味も無いし何だかイマイチ発散し切れないし近所の公園は諦めました。

幸いにもお天気が良かったので、海の近くで凧揚げをしたり、家の近所をひたすら走ってマラソンしたり、縄跳びしたり、空いてると聞いた山の中の広い運動公園まで車で行って1日キャッチボールやドッチボールをしたり、とにかく放電に勤しむ日々が続いております。さすがに1日外で遊ぶと放電も完了するので子供も私もスッキリするのですが…

疲れます(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

身体がうんと疲れる(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

走るから疲労で足腰が重い。縄跳びでリクエストを受けて二重跳びをしまくったから腕が筋肉痛。キャッチボールし続けたおかげで肩が痛い、いや、もはや肩を痛めた気がする。選手生命が断たれたのでは無いかと思う程に右肩が痛いです(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

満身創痍で帰宅して、お風呂に入って、ご飯を作って食べて…もうね、ここまで来ると限界でおばちゃん起きていられません( ̄▽ ̄)あれこれ片付けたい家事はあるけれど、倒れ込む様に眠りにつき1日が終了してしまいます。

あー、長男(6歳)の入学準備も全部置きっ放しだ…

あー、ランドセルラックも届いたのに置きっ放し…

あー、冬物のクリーニングも山積み…

あー、朝出かける時に急いで春物の服引っ張り出した衣装ケースも出しっ放しやん…

毎夜、放ったらかし事案が頭の中を走馬灯の如く駆け巡っては消えて行くのです。そして朝起きて、泥棒が入ったのかと思う程に散らかった家の中に愕然とする(O_O)

嗚呼、片付かない。

毎日の外遊びで顔のシミが又一段と濃くなったな。

あーー、身体痛いなーー。


チキショウ、コロナめ!

全部コロナのせいだな。

身体が痛いのも、家が散らかっているのも、顔がシミだらけなのも全部コロナのせいだー!!

そう、全てはコロナのせい。

もしかしたら白髪が増えるのも太ってるのもコロナのせいかもしれません♡


早く終息しますように。



僕達は男だ!

「性別の話題」
この多様性の時代、以前より格段にデリケートな話題になりましたね。
「女の子らしくしなさい!」
「泣くな!男だろう!」
「男のくせに…」「女のくせに…」
めっきり聞かなくなりました。
性別に対する感じ方の違い以前に、人の性質そのものを性別で括ってしまうというのは確かに些か乱暴な気はします。何でも決め付けてしまうのは良くない。しかし、そうかと言って決め事が無いというのも又少し違う気がします。だって男に生まれたのか女に生まれたのかというのは明らかに違う事でしょう?!そこを
「男でも女でも同じ人間だから違いなんて無いんですよー!」
と何の違いにも触れずにやって行くのはコレ又乱暴な話ですよね。
一体何が言いたいのかと申しますと、
やっぱり子供達には「男」と「女」というモノの存在は教えた方が良いよね♡
という事。人間には性別があるという事実、女の子なんだから、男の子なんだからでは無く、自分が女の子である、男の子であるという事実をただ事実のまま伝えておきたいものです。
そういえばウチの長男(6歳)は3歳児検診で
「ボクは男の子かな?女の子かな?」
と聞かれた時に、
「?(・ω・)??」
となっておりました。女兄弟が居たとすれば多少違いは感じたのかもしれませんが、残念ながらウチに居るのは同じチンチンを生やした弟。長男はあの頃まだ男女の違いはおろか、自分が何であるかの自覚も無かったんでしょうね。それが、幼稚園に通う様になり性別を知る様になりました。制服も違う。オシッコの仕方も違う。「男の子」「女の子」呼び名も違う。そして先生達が言うにはどうやらボクは「男の子」の方らしい。ボクは「男の子」だ!「男の子」なんだ!

ボクは男だー٩( ᐛ )و!!

と、近頃やたらと長男も次男も「男」である事を主張して来ます(−_−;)敢えて男女の違いを植え付けない様に育てているつもりはありませんが、特に私の方から「男のくせに…」的な事も言う事もありません。幼稚園で自分が男の子であると知った子供達、お友達と色々な話をしているうちに自然と男魂が高まって来るのでしょうか。
「僕は男やから『青』が良い!」
「『ピンク』は女の色や!」
「リボンが付いてるからソレは女や!」
「そんな女みたいなん恥ずかしい!」
まぁー、とっても偉そうに「ボク達は男やから」を主張して来ます。性別の違いと自覚が芽生えたのは"成長"として捉えれば喜ばしい事かもしれません。でもね、「そんなに性別を主張して来るのはもはや時代遅れですよ、お兄さん方( ̄∀ ̄)」そして
「せめて『男の子』って言って欲しいなぁ。」
と思うのです。

さてさて、そんな「男」であるウチの兄弟ですが、以前から地味にハマっているモノがあります。それはアクアビーズ。

f:id:sawajr:20200303172652j:plain

こんなヤツですね。BB弾より少し小さいくらいのボール状のビーズで色々な形を作って水で固めるというとても男らしいオモチャです♡
色々な作品を作ろうと思うと色のバリエーションとビーズの数が結構必要になります。先日買い物に出た時にちょうどアクアビーズが売っているコーナーを通りかかったのでビーズを買い足す事にしました。単色のバラ売りやら全てがセットになったもの、色々な色のビーズが大量に入ったモノ、多種多様なアクアビーズ。またすぐに買い足すのは不経済だから5000ビーズ入りのバケツを買う事にしました。
f:id:sawajr:20200303172919j:plain「この5000個入りのバケツを買おう。」
私の提案にノリノリの子供達。水色のバケツに40種類のビーズが5000個。ふと隣を見ると同じ5000ビーズ入りだけど色とビーズの種類の組み合わせが違うピンクのバケツがありました。
「そっちのバケツは違う色が入ってるみたいよ…」
私が内容を確認しようと提案した瞬間、
「僕達は男やからこっちやで!!」
ブルーのバケツを手に取って男を主張して来る二人。
「でもこっち(ピンク)にはキラキラビーズが多いって書いてるよ。」
一応言ってみましたが、私の主張なんて全く聞いておらず、
「僕達は男やから水色やんなー」
"ゆず"レベルのハモりでブルーのアクアビーズのバケツを抱える息子達。別にバケツの色がブルーでもピンクでも大差無いし、それにアクアビーズするのは私じゃないし良いんやけどさ…

男やから男やからって偉そうに言ってるけど…それ『アクアビーズ』やしな( ̄ー ̄)!!
こんなん言いたくないけど、
アクアビーズってまあまあ女っぽいオモチャやと思うよ٩( ᐛ )و

そんな性別のお話でした。





夜更かしKING

個人差があるなー(ㆀ˘・з・˘)

と思う事が色々ありますが、これもその一つ。

『睡眠』

です。睡眠時間にしても睡眠の質にしてもなかなか結構な個人差があります。沢山寝る人、少ししか寝ない人、少ししか眠れない人、すぐに目を覚ます人、なかなか起きられない人、実に様々ですよね。
私はと言うと、結構沢山寝る人です。正確に言うとしっかり寝ないと体調を崩す人。悲しいかな寝不足が続くと必ずと言って良いくらいに体調を崩します。そして音や光で目が覚めてしまうので眠りは浅い方なんだと思います。沢山寝るけど睡眠の質としては良くないんでしょうね。非常に残念です( ̄▽ ̄;)
因みにウチの主人は、すんごい眠りが深いです。寝てしまうと、まぁーー起きない。声をかけたくらいでは当然ピクリともしないし、ゆすっても軽く叩いてもダメ。もしかすると思い切り殴りでもすれば起きるのかもしれないですけどね。そうまでして起こしたとして
「どこまでやれば起きるのかの調査です。」
なんて理由で寝起きの主人と揉めずに終われる自信はありません。でもこのままだと、もし就寝中に火事に見舞われたら起きられずにそのまま焼け死んでしまうとタチだと思うので、避難訓練という名目で"どこまで暴行すれば起こせるか!?"というのは試しておいた方が良いのかもしれませんね。ウチの人は眠りが深いからか何なのか、睡眠時間が短くても大丈夫な様です。だから日々夜更かし。夜な夜なダラダラと何が面白いのか不明な深夜番組をも見続けています。そんな彼に愛情を込めて"夜更かしKING"と呼んでいます。そんなKINGは、何のタメにもならなそうな夜更かしをし続けているお陰で?!よく分からない駆け出しのアイドルや若手お笑い芸人情報を異常に詳しく知っています。テレビを見ていて
「誰コレ?」
って私が言うと、すぐネット検索をして簡単なプロフィールと共に動画を交えて教えてくれるのです。便利と言えば便利╰(*´︶`*)╯♡

でも、別に無くても大丈夫ですわ( ̄∀ ̄)

「そんなんだったら早く寝た方が良くない?」
と思い続けております。

さてさて、本題です。
1週間ほど前にテレビが壊れました。いつも通りテレビをみていたら突然バチッ!!と大きな音がしたと思ったと同時に画面が消えてそれ以降全く動かなくなりました。急死です。電源の小さなランプの点灯からエラーメッセージが読み取れるらしいのでソコから解析してメーカーに問い合わせた所、
「電源部分かLEDの基盤の不良のどちらかだと思いますが、部品がもうありません。」
と、あっさり買い替えをオススメされました。今とてもサクっと書いてみましたが、コレね、問い合わせてから回答をもらうまで5日かかってます٩( ᐛ )وもー、良いけどさ。
そこからテレビを買いに行きまして…届くまであと5日あります。ウチは元々、テレビを見る時にしかつけないので正直そこまでの不便はありません。強いて言うなら、夜のテレビタイムが無くなったおかげで主人の就寝時間が早まりました。テレビが亡くなって始めの頃は夜な夜なYouTubeで犬と子供の動画を見て無限ループにはまっていたおじさんですが、最近はそれも飽きたのか早々に切り上げて寝る事にした夜更かしKING。
「早く寝ると調子が良いわー♪」
だ、そうです( ̄∀ ̄)

テレビが無い方が健康的に過ごせるんじゃなかろうか…。新しいテレビが到着するのが楽しみな様なそうでも無い様な複雑な今日この頃です。

続・VS白髪

白髪。

中年期になると気になる物の一つ。何気なく過ぎ行く日々と同じくして着々と白髪化していきますね。ものすごく個人差はありますが…

悩みますよね。それで又白髪が増えているんじゃないかしら(−_−;)

私はというと美容師さんからもまだ白髪染は要らないと言われているレベルなのでそれほど多くは無いんだと思います。でも少ないって訳でも無いので白髪染していない分白髪はそれなりに白いままです。

だから余計に気になる!

以前にも白髪について書いた事がありますが、私は髪色を明るく染めてハイライトを入れるという手法で白髪を誤魔化しています。普段は誤魔化しているので放置なのですが、暇な時とかちょっとしたタイミングでじっくり見ると…見える。

見えます!

白髪は白髪として見えるのです!!

そして白髪って発見すると見逃せないんですよね。


切ってやるーーーー!!ψ(`∇´)ψ


と、勢いよくハサミを取りに行って鏡の前に立ち、髪の毛をパカッと分けて白髪を見つけた部分をむき出しにしてクリップで留める。周りの髪の毛を押さえて標的の白髪を一本絞り込む。絞り込んだ白髪を左手で持って右手でハサミを掴み、慎重に慎重に根元をカットする。

このたった一本の白髪をカットするのに全神経を集中させているので、同じ領域にある他の白髪や違う分け目を調べて出て来る複数の白髪と戦っていると上の方ばっかり見すぎて目玉が裏返ってしまうんじゃないかと思うくらいに目の奥の神経が疲労します。おばちゃんはコレも一つの眼精疲労だと思うよ。しかも上の方ばっかり見すぎて上げに上げた目と眉毛の影響でおでこに刻まれたシワの深さがマイナス5歳は堅いくらいに大変な事になっています。白髪が無くなった事よりもおでこのシワが増えた事で余計に老け込んだ気がする。

これが、正面から対応出来る範囲の白髪ならまだ良いのです。問題は後頭部や頭頂部の白髪。おでこにシワを刻み、目玉が裏返えりそうになりながら見たとしても無理なものは無理。もう一枚鏡を持って来て合わせ鏡で見るしか無い。でもね、髪の毛を押さえて左手で白髪を確保して右手でハサミを持つでしょう?

もうあと一枚鏡を持つ分の手が足りません(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

嗚呼、何故に人間には手が二本一組しか備わっていないんだろう…。こうなったら片方だけでも手鏡を持って顔の位置まで持ち上げられるくらいに足を鍛えるしか無いのかなぁ。

何にせよ今そんな特殊能力は無いので合わせ鏡で白髪を確保したら一度手鏡を置き、ハサミに持ち替えてカットするしかありません。そうすると、何故か3本くらいまとめて切っていたり、完璧に白髪を掴んでいたはずなのに切り取ってみると何故か黒い髪の毛だったりします。イリュージョン(´⊙ω⊙`)!?そうなると一からやり直しだし、切る必要の無い髪の毛を切ってしまったイライラ…


きっとこのイライラで又白髪が増えてます(´༎ຶོρ༎ຶོ`)


切ったら切ったで少し白髪が伸びて来た時にピーンと立つから切らない方が良い事は分かっています。分かっているはずなのについうっかりカット魂を燃やしてしまう。しかも必死で白髪と格闘していると「はっ」と我に返った瞬間に結構な時間を割いていた事に気づいて凹みます。何気なくスマホを見て恐ろしく時間が過ぎていた時と同じくらいに後悔する。

何より、お金をかけてヘアカラー&ハイライトを入れているのは何の為かと虚しくもなります。


でも気になる。こうなると

「前を向きながらフリーハンドで後頭部をチェックできる様な鏡を開発するしか無いなー」

と、結構前から思っています。自宅で毛染めする人とか凝ったヘアセットをする人とか色々なところで需要はありそうじゃ無いですか?発明すれば売れるんじゃないかしら?!しかしながら、全く開発に着手出来ていません。こういうイメージをちゃんと形に出来る人が"主婦のアイデア商品"を発明するんでしょうね。

イデアしか無いただの主婦なのが悲しいです。

更に言えば、もう既にそんな鏡はあるけど私が知らないだけなのかもしれない…。

だとすれば重ねて悲しいなぁ(。-∀-)

幸せに過ごす為の必要経費

食器が好きです。

何故こんなに心ときめくんだろう。

突き詰めれば食器なんて、お茶碗、汁椀、平皿、取り皿、どんぶり鉢、この辺りのアイテムが家族分あれば特に困る事無くやっていけそうな気がします。あとはグラスとマグカップがあれば十分かしら?いや、マグカップがあればグラスの仕事はカバー出来ると考えればグラスさえも要らないのかもしれない。お皿類だって「もっと減らせるよ!」っていうミニマリストの方がいらっしゃるんでしょうね。

これなら、この量なら、キッチンもスッキリして気持ちが良いんだろうなぁ〜( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

とは思うのですが…


ついつい心惹かれて食器を買ってしまいます(´-ω-`)

流行りの北欧系の食器、旅先で見た焼き物工房の食器、お洒落な雑貨屋さんで見かけた何だかお洒落な食器、ご飯屋さんで使われていた素敵な器たち、挙げればキリがないくらいに日々心がときめくのです。

何故か?

お洒落に見えるから!

美味しそうに見えるから!

まぁそんなトコかなぁ…(´・∀・`)

我ながら理由がなかなか薄っぺらい。文字にすると尚更薄っぺらいのが恥ずかしいです(。-_-。)

食器というのはごく稀に割れたり欠けたりする事はあるものの、毎日使うからと言ってすり減る訳でも無いし色落ちする事も無い。ナイフとフォークで食事をするなら傷もいくってものですが、ここはお箸の国、お箸じゃあ流石に傷も付かない。正直、食器というのは簡単に消耗しない。高級食器にヴィンテージが存在するというくらいだから100年だって大丈夫!ってこと。急に"イナバ物置"っぽいけど…とにかく、丁寧に扱えばうんと長持ちするのです。だから、買えば買った分はきちんと増える。そこに存在し続ける。故に買う程に片付ける場所が足りなくなります。今やアメリカのセレブの一員となった片付けアドバイザー"こんまりさん"に聞きたい。

「どうすれば良いのでしょう?片付かないけど全てときめくんです(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)!」


でもね、これだけは言えるのです。食器が素敵だと料理のモチベーションは上がる!!例えいつもと同じ料理でも器が素敵だと

「あ!美味しそう♡」

って思うし、もう一手間かける気分にもなる。

「ここ、最後にネギと胡麻を乗せた方が素敵やん!」

そう思って加える薬味や彩りのもう一手間。面倒だけどこの下処理をした方が柔らかく仕上がるのよねー♪とか、この下処理は飛ばしてもいけるけどちゃんとした方が臭みが消えるのよね〜♪という下処理の一手間。料理のモチベーションが上がると、これらの一手間を俄然やる気にさせてくれる。そして実際その一手間が加わった方が美味しくなるという事は多いものです。ちょっと一手間、無かったとしてもまぁ大丈夫な一手間。でもあった方が美味しいとすれば、美味しいと感じる事で幸福感を得られるのであれば、それは素敵な食器の効果なのではないのかしら?!その上、料理が見た目もお味も良い感じに仕上がると達成感を感じてとても気分が良い。私の気分が良いと家族にも優しくなれます。するとどうでしょう!家族も幸せに過ごせる╰(*´︶`*)╯♡嗚呼なんと素晴らしいコト╰(*´︶`*)╯♡


長々と書きましたが、そんな訳で


     食器代は家族が幸せに過ごす為の必要経費だよね!


と、思っております。まぁ、ただ単に「浪費に対する言い訳を考えた」というだけの話ですが…。

でもほら、

f:id:sawajr:20200203150851j:plain

なんとまぁ可愛い鬼とお福さん♡

こんな食器があるから節分に巻き寿司を作ろうという気になるってものなのです╰(*´︶`*)╯♡

しかし1年に節分の今日たったの1日しか登場しない食器って…

ねぇ( ̄▽ ̄;)


甘えん坊万歳!!

ウチの次男(4歳)は、かなりの甘えん坊です。末っ子特有の甘えん坊♡きっと生まれた時から兄や姉というライバルが既に存在するという環境にいると、人の愛情を自分の方に向ける為にはどうすれば良いのか!?末っ子というのは本能的に模索し、身につけていくのでしょう。統計も何もとっていませんがそう思えてなりません。常々、世の末っ子というのは甘え上手な甘えん坊だな〜と思うのです。


さて、そんな甘えん坊次男は時に

「僕はネコだよ♡」

「僕はパンダだよ♡」

「僕はイヌだよ♡」

「僕はおにぎりだよ♡」

と、生き物から食べ物まで幅広いジャンルになりきり、

ニャーー♡ニャーー♡

ミューー♡ミューー♡

と、何やら鳴き声を発して甘えて来ます。パンダもおにぎりも「ニャーー♡」って言う。

なんだかなぁ( ̄(工) ̄)

こちらも調子が良ければ

「ネコちゃーん♡どうしたぁ〜ん♡」

と、猫なで声でかまってみたりします。ペットを飼っているみたいでコレはコレで楽しい。楽しいのですが、


「おい…コイツはこんなんで大丈夫なんか…ಠ_ಠ」


という不安そうな眼差しでこちらを見つめる人が居ます。そうです、ウチの主人。

「こんなヤツおらんぞ…。」

「将来どうなるんや…。」

マジで心配しています。いや、もはや軽蔑しております。

私「大丈夫よ!案外、大人になったらクールな男になると思うわ〜。」

夫「ほんまかー?それやったら良いけど…」

私「あ、外ではね!」

夫「えっ?」

私「家に帰ったら彼女とか奥さんにニャーー♡ニャーー♡ゆーて甘えると思うよ(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎」

夫「            ( ̄O ̄;)       キモ…       」


ちょっと絶句しています。でも多分次男はそうなる。私には分かる!!何故ならば、

そんな男を見た事があるから!

いや、正直に言おう!

「昔そんな男と付き合った事があるからなのさ〜♪(´ε` )」

外では「デキる男」かの様に振る舞い、家ではニャーー♡ニャーー♡ゆーて甘える人。その時も調子の良い時はニャーー♡ニャーー♡言う大人の男をペット感覚で構って楽しかった。ただ残念ながら、人はいつも調子が良い訳じゃない。ホント残念ですね。結果として私は「ニャーー♡」って言わない男の人と結婚したのですが、結構色々聞きますよ、ニャーー♡とは言わなくても甘えん坊な旦那さんの話。

ママ友の旦那さん。いつもシュっとしたイケメンなのですが、寝る時は頭をヨシヨシして欲しがるそうです。

絶対に一人で買い物に行けない友人の旦那さんも居ます。自分で決められないし、更に店員さんに話をするのも一人では出来ないから「一緒に来てー♡」と言うそうです。

見た目はすっごいオラオラ系なんですけどね( ̄∀ ̄)

知り得る例を挙げ続ければ三部作くらいの長編になりそうなので割愛しますが、とにかく甘えん坊男子というのは案外多いと思うのです。そこの貴女もご存知ですよね?!ただ、コレって男性の知らない男性の性質なのかもしれません。だって男同士で居る時はそんな素振りは見せないだろうし、まさか男友達に「ニャーー♡」とは言わないでしょう?!彼女や奥さんというプライベートな部分というのは女性にしか見えない。間違っても「俺、彼女と一緒の時は『ニャーー♡ニャーー♡』言ってるねん♪」なんて男友達には話さないでしょう。だから甘えん坊男子の生態というのはそうじゃない男の人にはもはや知る由も無いかもしれません。そう、ウチの人の様に。

「次男は甘えん坊だけどそんな男の人は沢山居るし、ちょっと面倒くさいけど可愛いがって付き合ってくれる女性も居るからそんなに心配しなくても大丈夫よ!」

私としてはそんな気持ちで主人に上記の甘えん坊男子の生態を話したのですが、ウチの人は結構なおじさんになってから知った事実にまあまあ衝撃を受けた様です。


人生って勉強の連続ですね。


しかし甘えられるなら甘え上手な甘えん坊な方が楽に生きられるんじゃないかな〜?という気はします。そう、きっと

甘えん坊万歳!!

なのです╰(*´︶`*)╯♡

七五三の思い出

昨年、年の瀬も押し迫った12/21土曜日に次男(4歳)の七五三に行きました。


なぜそんな時期に(´⊙ω⊙`)?!



そう思われましたか?



ですよね。


他人から聞けば私だってそう思う。

七五三といえば11月の日取りの良い週末に行うもの。一般的に。

しかし昨年の11月の我が家は忙しかった。週末毎に何か用事があり、更に主人が久方ぶりのしつこい風邪をひき、何やかんやとバタバタしていると

「あ、七五三…」

ふと思い出すのですが、暫くすると忘れ

又何かしていると

「そうや!七五三!」

と思いながらも又忘れて…

「あー、もう、11月は無理だ。12月にするか。」

と、相成りました。


下の子ってつい雑になってしまうなぁ( ̄∀ ̄)


そんなこんなで12/21、ほぼ世間的にはクリスマス。12/23が祝日では無くなった2019年、家族でクリスマスをお祝いするには最適であろう週末に敢えて七五三に行って参りました。我が家から近い場所にある割と有名な神社。当然その日に七五三をしている家族など他に見当たらず、さっさと受付を済ませると巫女さんから一言。

「賞味期限の関係で"千歳飴"と"おこし"は入りませんのでご了承ください。」

と。

あ、はい…。

「うわぁー、次男が楽しみにしていた千歳飴が無いんかー(。-∀-)」

てかコレ、

「こんな時期に七五三に来る人が居ると思っておりません。」

て事よね。考えてみれば神社だって、時期をずらして七五三にやって来る人の為に一年中千歳飴をストックして待機するなんてロスの多い事しないよね。食品ロスの観点からも私とてそれは賛成出来ません。

仕方あるまい。次男よ、重ね重ねごめんよ。


さて、本題に入ります。

七五三という事で、当日私はここぞとばかりに着物を着ました。そして着物を着るという事で朝から近所の美容院にヘアセットをしに行きました。ばっちりヘアセットをしてもらい、母に着物の着付けをしてもらい、気分良く七五三へ行き、会食を済ませて帰宅しました。そして夜、ヘアセットを解きお風呂に入って頭を洗い出て来ました。


はぁ〜、ほっこり(●´ω`●)

クリスマス前とは言え七五三を無事に終えて、着物やヘアセットで気分上々ではあったものの、やっぱり全てを脱ぎ捨てて汚れと疲れをさっぱりと落とすとホッとします♪

リラックスモードで鼻歌交じりに髪の毛を乾かしていると、何やら感じる違和感。

んんΣ(-᷅_-᷄๑)??

何か髪の毛の手触りが変だぞ?!


んんっΣ(-᷅_-᷄๑)?


鏡を見る。


えっ?

ええっ?

えええーーーーー!!!


何コレーーーーーーーーー(´༎ຶོρ༎ຶོ`)!!


私今、肩を越えるくらいのセミロングヘアなのですが、頭頂部から軽く一束掬ったほどの毛束が勢いよくガッツリとチリチリになっているのです。頭頂部から10㎝程の位置から下が一束全てチリッチリ!!!!

まさか?と思いもう一度髪の毛を濡らしてから乾かしてみたけれど全然変わらない。

パリパリのチリチリ。まるでスチールウールみたい。

いや、違うな。


マジ!陰毛みたい(´༎ຶོρ༎ຶོ`)!!


こんな事を言いたくは無いけど、でもでも


頭から陰毛がごっそり生えている(´༎ຶོρ༎ຶོ`)!!!

しかもロン毛の陰毛。こんなん見た事ない!!

慌てて携帯を探してググると…出て来る出て来る

「ビビリ毛」

というワード。どうやらこの陰毛現象は思いっきりダメージを受けた髪の毛の状態らしく、多くはパーマを失敗すると起こる様子。パーマは当てていないけど、ヘアセットでコテを使って髪の毛をカールさせていたのは覚えています。とは言え今まで数えき切れない程の回数ヘアアイロンを使ってきたけれど、こんなのは初めてだわ。パーマ程のダメージだとは考えにくいけれど、恐らくコレはあの時のコテが原因だと思う。そして、一度こうなってしまった髪の毛は

"元には戻らない"

という事(´༎ຶོρ༎ຶོ`)ごくごく稀にビビリ毛を治す事の出来る美容院がある様ですが、それは個別に探さなければ分からないし、そんな美容院が自宅の近くで見つかる可能性は非常に低いはずです。そうです。

ほぼ、私の髪の毛は元に戻す事は出来ないのです!


仕方ない。切るかぁ( ̄^ ̄)


もう、コレしかない。幸いにも私は髪型をよく変えるので、髪の毛を切る事にあまり抵抗はありません。強いて抵抗と言うならこの時期に短くカットするのは寒いであろう事。しかし頭頂部から10㎝というと結構なショートカットになる模様。ヘアセットをしてもらった美容院に行って文句の一つでも言ってカットしてもらう事も出来るけど、初対面の、しかもヘアセットのコテでビビリ毛を作ってしまう様な技術の美容師さんにショートカットをお任せする気にはなれない(−_−;)出来れば信頼の出来る美容師さんに切ってもらいたいものです。ただ、最近通っている美容院が街中で少し遠いので、急に思い立ってそこまで行くほどの時間がどうしても取れない。近所で以前お世話になっていた美容師さんに連絡をしてみたものの、12月の末の週末とあって予約で一杯の様子。美容師さんも忙しければ、私も忙しい。だってクリスマスだもの!師走だもの!もはや年の瀬だもの!!


嗚呼どうしたものか(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)


このまま頭に陰毛を携えて新年を迎えるのか…。


ブルーになりながらもどうしようも無いので、髪の毛を束ねて帽子を被って陰毛を隠し、翌日の予定をこなしました。陰毛を隠す帽子。役割はほぼパンツ。「何とかパンツで乗り切れるか?」と思っていると、その夜から何やら喉に違和感を感じ始め…瞬く間に声が擦れ、身体がダルくなり、

あっという間にばっちり風邪をひきました(−_−;)

身体がダルくて喉が痛いし、とてもとても美容院に行ってヘアカットなんて出来る様な体調では無くなってしまいました。こうなると凄いもので、身体がしんど過ぎてあんなに悩んでいた頭の陰毛の事が気にならなくなって来たのです。


そして結局、頭頂部に一束の陰毛を携えたまま新年を迎える事となりました(。・ω・。)


そして新年を迎えた今、風邪も随分と落ち着いて来たせいか陰毛の事が気になって仕方ありません。

健康であればこそ見た目に気をつかえるという事なんだな(´・∀・`)♡


健康であればこそ陰毛が気になるという事なんだなぁー╰(*´︶`*)╯♡


美容院はお正月休みだし、子供達は冬休みだし、道筋が見えない不安な状況には変わりありませんが、暫くはパンツで、いや、帽子で陰毛を隠しながら乗り切りたいと思います。

印象深い七五三の思い出が出来ました。